つくばエックスプレス開通記念式典      
                                 
                               

月21日、日曜日につくばエックスプレスの開通記念式典が、 
新御徒町駅では午前9時から浅草駅では午前10時15分行われました。
待ちに待った開通が8月24日ですので、地元の皆様の喜びも大変なものです。

この式典には区長はじめ区の幹部職員がほとんど全員参加されていました。
新御徒町駅では、地元の方たちと質素な開通式典でした。
特に、大江戸線との乗り継ぎ駅という面もあるのでしょう。
地下鉄駅での式典ですので、町に出てみても歓迎ののぼりはあるのですが、
これといったイベントがあるわけではなく普段の日曜日という感じでした。

さすがに、浅草駅に行くとイベント準備も完了して式典の終わるのを待っているようです。
浅草駅の改札正面には、写真にもあるように、金龍の舞の電光板がどかっとおいてあり、改札手前には浅草の歴史を語るように写真が壁一面に飾られていました。

式典でお会いした一人の人が「長い年月の工事で地元の商店が大打撃を受けた、多くの商店が店を閉めてしまった。この開通を弾みに活性化されると良いね。」と言っていました。

帰りにタクシーに乗ったら、その運転手さんが、「浅草はイベントが多くていいよ
ね。今日仕事じゃなかったら
浅草に遊びに来ようとおもっていたんですよ。」だんだん三ノ輪に近くなったら、
「一葉の町もいいよね。この間、この辺を流していたら、粋な着物を着た男女が手をつないで歩いていたよ。
この町にピッタリだったね。」


うれしくなっちゃうね。つくばエックスプレスの開通が台東区の活性につながるよ
う私も、がんばらなくては。