台東区議会本会議が土曜日に開かれました        
               
           
       
     
   

 台東区議会(堀江達也議長)は、2004年2月21日土曜日に区議会本会議を開き、各会派の代表者による代表質問を行いました。普段、仕事などの関係でなかなか傍聴に来ることができない区民にもきてもらい、議会に対する関心を深めてもらおうと本会議を土曜日に開催したもので、「開かれた議会」をめざします。土曜日に開会するのは、今年で5年目となります。

 本会議の代表質問は午後2時から行われ、各会派代表の5人の議員が、「財政健全推進計画について」「情報共有化について」「鳥インフルエンザとSARS対策について」「台東区らしさについて」「平和問題について」などの質問に立ち、吉住弘区長が答弁をしました。

 この日傍聴に来たのは会社員や自営業、主婦ら約20人で、熱心に質疑応答を聴いていました。23区では平日以外に本会議を開いている例はなく、全国的にもまだ少ない状況です。区議会は「本会議の土曜日開催は、今回で5回目になるが成果はあがっている」としています。