ロシア サンクトベテブルク 視察 2  
         
                   
         
      クレムリンです。
全長3キロの壁からなっていまっす。
3つの入り口がありクレムリンの中に教会や美術館等があります。
非常に警備がうるさく各施設の中での写真撮影は出来ません。
昔の名前がついているので見るまでなんだか分からなかったのですが、
入ってみて理解できました。
例えば「武器庫」とか、「ダイヤモンド庫」とかです。
昔、武器の保管場所に使われていたところが「武器庫」となっており今は博物館です。
建物は世界遺産になっています。


   
     
     
 
サンクトペテルブルックのスーパーを視察しました。
69台の清算カウンターがありました。品物を買ってからそのカ
ウンターで支払いを済ませるのに30分くらいかかるんですよ今、
ロシアは年間15%のインフレです。

サンクトべ手ルブルクを23時59分発の夜行列車に乗って
モスクワに移動です。
列車の待ちでホームにいたときの寒さは本当に応えました。
8時にモスクワに到着です。ごらんのように大雪のモスクワでした。
 
 
大雪の中クレムリンの赤の広場に行きました。

道はすべるし視界は聞かない。写真を見て分かるかな〜。

この写真なんだか分かりますか?木に鍵がかけられているのです。
ロシアでは結婚すると木に二人で鍵をかける風習があるようです。
でも、現状の離婚率は45%だそうです。
(チョッとこの数字正しいか自身がない。 もっと上かもしれない。)

 
 
ショッピング街です。各ブランド店が並んでいます。

ロシア経済の復活が分かるような気がします。

ロシア最後の報告は、モスクワの地下鉄です。
旧ソ連時代の面影を残しているように感じます。
エスカレーターで降りていくとふと北朝鮮の地下鉄を
視察したときを思い出します。
実に深い地下鉄の駅です。
地下鉄の電車を撮影することは禁止されています。
秘密にするという意味ではなさそうです。
運転手が写真のフラッシュで事故になる危険性があるかららしいです。
今回の視察で、世界遺産の価値の基準やロシアの経済状況、
ロシアと日本の交流の薄さ等々勉強しました。
ドルが強いと思ってたらユウロの強さを感じるとかもっともっと
理解しなければならない問題があるんですね。
ロシアは日本の隣国です。