竹町地区と東上野地区防災訓練          
         
     
                               
       
8月31日日曜日に竹町地区と東上野地区の防災訓練が行われました。
そのときに永寿中核病院において自衛隊の協力を受けてヘリコプターの
発着訓練が行われました。
皆様もご存知のように永寿病院の屋上にはヘリポートがあります。
      被災者をヘリポートまで運んでヘリコプターの到着を待っているところです。
実は、この訓練は永寿病院が出来たときにやりたかったのですが、航空法の関係で実現しませんでした。

 
区役所方面からヘリコプターが飛んできたのを誘導員の自衛官が誘導しています。

大きく永寿病院を旋回しています。

      区役所の反対方向(南方面)から進入してきました。  
       
訓練のため、小さなヘリコプターを使用しています。
病人やけが人の輸送の時は、大型のヘリコプターが必要です。
もうすぐ着陸です。

      無事着陸。着陸のさいの風圧はかなり強いものです。

中腰になりヘリコプターの着陸を見守りました。

 
       
ヘリコプターで到着した自衛隊員が区長に報告です。

      無事訓練は終了です。
区役所の方面に飛び立ちました。永寿病院の10階で仕事をしていた人は、窓を閉めていたのでヘリコプターの音も気にならなかったとのことです。
しかし、下で見ていた人はかなりの音だったそうです。これも訓練してみないと分かりませんね。
緊急時のときに役に立つ資料が一つ追加されました。