デンマーク グラッズサクセ市視察              
                                       
                 
        8月25日成田空港からデンマークのグラッズサクセ市に私が議長になって始めての海外出張に行きました。
随行には、議会事務局長と、観光課長が同行いたしました。
成田発12時10分のエールフランス航空での旅立ちです。
気流の関係でパリ着が遅れました。パリのドゴール空港はやたら広くて、3人で乗り継ぎ便の出発ロビーを探すのにてんやわんやでした。
何とか乗り継ぐことが出来て、コペンハーゲンに現地時間の、23時頃につき、そのまま、ホテルにチェクインです。
翌朝、グラッズサクセ市の市庁舎を表敬訪問しました。

       
     
     
  この写真は、グラッズサクセ市の庁舎の正面に飾られている、姉妹都市のあるところです。
向かって左側にちょこっと移っているのが、我が台東区です。

    午後6時。コペンハーゲンのレストランで、ホームステーをしていた台東区の子供たちと合流ししました。
フエヤウェルパーテーの始まりです。最初にホームステーを受け入れていただいたグラッズサクセ市の皆様に台東区を代表してお礼の挨拶をいたしました。通訳の関係上あいさつ文をくぎりながら読み上げました。

                     
                                       
     
  グラッズサクセ市の副市長さんから吉住区長さんと私にお土産の贈呈式です。
副市長さんの隣に写っている女性が、グラッズサクセ市の観光課長さんです。
今回の台東区との連絡調整をされた方です。同行した観光課長と10月の来日についての打ち合わせをしていましたよ。

    デンマークの日本大使館やり、明石大使補佐官が駆けつけていただき、挨拶がありました。
英語と日本後に訳した挨拶でしたので、永遠と30分を超える挨拶になってしまいました。

                                       
                     
            写真は、台東区の子供たちがお世話になった学校の校長先生の挨拶の模様です。
たまたま、台東区の子供の中で誕生日を迎えた子供がいて、校長先生の音頭でデンマーク流の誕生祝です。
椅子の上にのせられた子供が誕生日を迎えた子です。みんなもやんやの喝采です。

               
                                       
       
     

写真で見てもらえばわかるように、グラッズサクセ市の皆さんも

うっとりと聞いているでしょう。

ホウムステーでお世話になった家族や学校の関係者、市の幹部の方たちに、みんなでお礼の歌の場面です。
デンマークの空に、「春のうらあらあの隅田川」という歌が響き渡りました。
よく練習が出来ていてなかなかのものですよ。

 
                                       
                     
            歌が終わった後、ホームテー中に校長先生と踊った踊りを披露しました。
交流の深さを感じさせる場面でしたよ。

     
                                     
台東区の子供たちによる「よさこい踊り」のアトラクションです。
拍手喝采。団長の杉山校長が、デンマークの子供たちに、鉢巻の仕方を教えていた姿が印象的でした。
最後に、副市長さんに台東区から持っていったお土産の贈呈です。
各ホームステー家族とのお別れになったら、涙涙のお別れでした。
感動しましたよ。
グラッズサクセ市の忘れられない一夜の思い出が出来ました