粟野山荘に行ってきました              
  2006年8月11日〜13日まで、粟野山荘に行ってきました。
今回は、4人とべス君の旅です。
「何時も、家では会った事があるんだけれど、車で一緒のなるのも初めてだし、
一緒に寝るのも初めてだよ。」
「一人のおじさんは見たことあるね。そうだ、あのおじさんの車の中で、思い切って
窓をなめたことがあったっけ。」
「たしか、買ったばかりの車で、怒られたことがあるよ。」
「でも、このおばさんは、始めてでよね。」
「でも、お父さんと、お母さんが一緒だから大丈夫だよ。」

去年は、残念なことに粟野山荘に行くことが出来ませんでしたが、今年は、行くこと
ができました。
不思議なことに、いろいろなことを覚えているようです。
お盆休みのせいか、子供連れの泊り客が多く、網を持ってきてトンボやチョウチョを
採っていました。
「泊り客が多いいと、車の中に閉じ込めれれてしまうので困るよ。」
「俺の家に誰かが来る?ワンワンワン。」
「こら。お前の家じゃないんだぞ。しょうがない車に入れよう。」

「でも僕は、グーグー寝られたよ。」

                                 
           
                                   
   
       
   
  「粟野山荘って、涼しいんだよ。だから飛び跳ねても大丈夫なんだ。」
「でもね、やっぱり川に入って、水浴びは最高だね。人が多いいので、自由にしてく
れない。」
べスは、水が大好きです。水の音を聞くとその方向に引っ張られます。
しかし、危険を感じると、それ以上進みません。
川の、浅瀬と深いところでは、決して深いところには入らないのです。
何でわかるのか不思議ですよ。

このような場所につれてくると、都会で飼っているのがかわい相に感じます。
でも仕方ないですね。都会に住んでいるんだもん。

何も無い粟野山荘。べスとの心の交流が出来る場所です。