2005年べスと桜        
                             
  桜の花が満開の朝、べスと何時ものように散歩をしました。
花より団子のべスは、なかなかいいポーズをとってくれません。

今日の散歩のコースは、我が家から荒川区役所に行くコースです。
中でも、「かんかん森通り」という場所は、両サイドが桜の木で、
車道を桜が覆っている通りです。

最近のべスは、どんどん甘ったれになってきて、私が散歩中チョッとでも
離れると、すぐ追いかけてきます。
黒っぽい犬と会うと、すぐ戦闘態勢に入ってしまいます。

介護犬としての役目は充分発揮しています。夕食時になると、
いつの間にか、父親のテーブルの下に入っていて、父親がくれる
食事をほおばっています。
父親は、ベスに食べ物を与えながら、晩酌をするのが楽しみのようで、
べスが食べられないような食卓だと、今日の料理は不味いといいます。
ある程度晩酌が進むと、最後に残していた食べ物をべスに与えて
「終わり」と言うと、べスは、スタスタと自分の家に帰ります。
それは見事ですよ。

         
         
       
           
べスは、なれない場所に行くと尾っぽがたれてしまいます。
今日の散歩コースも久しぶりの場所でしたので、尾っぽがたれっぱなしでした。
約一時間のベスと桜の花見コースの散歩でした。