韓国視察 2        
                   
   
16時に次の視察地である、「南汀初等(小)学校」を訪問しました。
この学校は、102周年を迎える学校で、日本との関係が深い学校です。
この学校の創立は、日本が韓国を支配していた時代に日本人が造った学校です。
校長先生の学校のおいたいの説明や、PTAのお母さんたちとの教育交流を
行いました。

老人福祉館や小学校を視察した大きな目的は、これからの台東区と龍山区が
老人や学生の交流をどのように出来るかでした。
老人福祉館ではゲートボールや囲碁等を行っているし、小学校では
日本との交流を望んでいる姿勢が伺われました。

小学校を後にして、17時30分に龍山区庁舎におもむきました。

     
                   
     
   
 
                   
     
   
     
  韓国視察 3 へ