2004年12月12日 東泉小学校避難所単位防災訓練
     
  東泉小学校を避難所としている、三ノ輪町会・東三ノ輪町会
三ノ輪一丁目町会・竜泉3丁目泉町会の合同防災訓練が行われました。

当日は、訓練開始前に雨になり急遽東泉小学校の講堂に場所を移動し訓練を行いました。
雨天にもかかわらず、200名を越える参加者が参加し午前10時から12時まで
真剣に訓練を行っていました。

各町会に分かれて、名簿確認班の避難者名簿作成訓練や、学校の鍵の保管者が学校の開け方、
備蓄倉庫の位置や開け方の訓練を行いました。
又、多くの参加者は、応急救護訓練(心肺蘇生法・三角巾)の訓練などに参加しました。
     
   
               
   
           
200名からの住民が東泉小学校の講堂に集合すると、この広さで寝起きができるのかという
不安に駆られますが、地方の学校の講堂と比較すると、都会の講堂は小さいため教室全部を
使って避難民を受け入れることになります。

その際の、集団生活等の運営の仕方が大きな課題のように思います。